似顔絵教室

生徒さんの自画像のビフォーアフター。開始30分でこの変化です!

私自身が最初から上手ではなかったからこそ、伝えられることがあります。そして今でも進化するため試行錯誤しています。

2011年。これでも勉強して1年弱の絵です。今見ると恥ずかしすぎてしょうがないのですが、左の絵は、黒柳徹子さん、大竹真さん、徹子さんに扮する清水ミチコさんです。当時ミっちゃんの大ファンだった私は、3日かけてこの絵を完成させて、生まれて初めて行ったクリスマスディナーショーでこちらをプレゼントをしました。

喜んでくださったのかどうかはわからないけど、3日間頑張ってこの絵をかきました。似ているかというと・・・。タッチでごまかしていますね。

 

こちらは翌年、東京の凄腕の似顔絵師さんたちに混ざって勉強会でかいたもの。先輩方と並べたときの落ち込みったら・・・。いうまでもありません。

2013年 光文社の奥様雑誌のVERYのイベントに出張したときのある一枚です。ちょっとずつ洗練されてきたような気がします。

1枚5分程度で描いています。

 

2014年。ワンカラー似顔絵と名付けて好きな色を選んでいただいてそのカラーで描いているのをやりはじめて3年。
なんとなくまとまってきたような。

 

2015年ワンカラー似顔絵と並行して、普通の着彩でもかけるようにならないとな・・・と試行錯誤はじめたころ。

ママフェスへよく参加していました。

いまのスタイルができ始めたころでもあります。

2015-6年。似顔絵の描き方を新たに模索すること、似顔絵!っていう感じからはなれた、よりインテリア色の強いものを!とできたのが

版画フレーム似顔絵です。

二子玉川高島屋で行われたイベントでデビューしました。

フレームと調和できる似顔絵の為により線の選びを洗練させて

最小で最小すぎない似顔絵の模索が始まりました。

2016年。ドイツの有名文具メーカーのステッドラー(日本)から

「万年筆で似顔絵を描いてほしい」とのイベント依頼がありました。今まで水彩メインだったので、とても困りました。

万年筆は水でにじんでしまうのです。沢山の色鉛筆やクレヨンなどの画材、万年筆をいただいて短時間で、ステッドラー商品のみで描く似顔絵をどうにかして完成させました。とてもいい勉強になりました。

2016-7年。万年筆のようなタッチで、絵具とも共存できる似顔絵を描きたいと画材の模索を始めて、漫画家さんが使うつけペンに出逢いました。

試したくて大好きな海外の人形劇団さんにプレゼントしようと

試行錯誤。元の写真がとてもスタイリッシュなのもあり、影響を受けて今の絵のタッチがかたまってきました。

今現在のタッチです。

顔の大きな「似顔絵」から

脱却しました。

今度は体でも似せることを

もっとこなせるように

なりたいと奮闘中です。

 

飯田市のネットメディアの仕事にかかわることになり、

アナログで描いたものをスキャンしてパソコンで加工すると「???」なんか違うとなることが多く、

パソコンでの色付けも独学で勉強中しています。

PHOTOSHOPとIllustratorも少しずつわかるようになってきました。

2018-19年。タッチの模索も幅を広げてきました。

よりミニマムに。ポイントをさらに絞って抑える手法です。

「似せる」技術が上がったからこそできる省略したイラストです。沢山の線を描いたり、リアルに描いたり、陰影を描くことばかりが「上手い絵」だと思われがちなのですが、こういった手法もあります。

きちんと基礎を経て、技術が上がるからこそ、省略したものに説得力が生まれます。

 

最初はみんなヘタクソです。

 どんな人も、最初は下手です。稀に上手な方もいらっしゃいますが、そういう方は無意識だったり、知らないところで練習をしていたり、とにかく沢山絵を描いているので、最初から上手に見えるだけです。でも、練習しなくても、うまい人ももちろん稀にいます(うらやましい笑)。

 

 世界一走るのが早い、ウサイン・ボルト選手ですら練習し、特訓しています。そう、上手な人でも練習しているんです。絵が下手なのは、描く機会が少なかっただけ、良いアドバイスをもらえる機会が少なかっただけ、それだけの違いです。私自身が、美術の才能?センスは高校で開花しました。小学校・中学生の級友が、今の私を知ったら、きっとびっくりすると思います(笑)

ちょっと勉強するだけで見る目が変わる。

 似顔絵をかいてみたい!そんな純粋な気持ちを大切に、教室を行います。画力は二の次です。そして似顔絵に画力は関係ありません。似顔絵は画力だけでは似せられません。大事なのは「見るチカラ」です。対象を観る力を養い、ポイントを抑えるだけで「誰でも!」、もう一度言います「誰でも!」上達します!それはとっても楽しい嬉しい瞬間です!

 

 生徒の皆さんは、たった90~120分で自他ともに納得のいく似顔絵を仕上げています。

ただ楽しく描いて終わったけど、似てる似顔絵は描けないなんてことは、Namikounouの教室ではありません。「誰でも、似せられるようになる似顔絵教室」、ぜひ体験してみませんか?

似せられるって楽しい!

横浜・ハウスクエア横浜、長野飯田・りんご並木エコハウス2度、栃木・くぐつアトリエ等実績があります。全国どこでも出張もいたしますし、アトリエでのレッスンも大歓迎です!

線画で似せられるようになれば、刺繍作品にしたり、パッチワークや、木彫りでもなんでも展開ができます。お得意の技術を似顔絵に活かしましょう!!
絵を描くのは、絵具だけが選択肢ではありません。

アトリエで似顔絵教室

グループレッスン

  毎月第2・4土曜日 10:00~12:00 予約制にて 定員4名(赤ちゃん連れ・小学生可)

  レッスン1回(1,000円)

90分マンツーマンレッスン

  平日・10:00~16:00 土日10:00~15:30 の時間内で対応いたします。

  お仕事の都合などで、この時間内に難しい場合はお問い合わせくださいませ。

  レッスン1回(3000円)

似顔絵教室の出張

  ご依頼内容によってお見積りいたします。お問い合わせください。

似顔絵教室のご予約・お問い合わせはこちらから

メモ: * は入力必須項目です

3日ほどたっても、返信がない場合はエラーの可能性がありますので、その場合はお手数ですが

070-6476-0735(Namikoubou代表・木田)までご連絡くださいませ。