自己紹介


 

 

はじめまして。Namikoubouの

ホームページへお越しいただき

ありがとうございます。

似顔絵作家の木田菜美子です。

 

お客様のご希望に寄り添い、

愛される作品ができるよう

尽力いたします。

 

どうぞよろしく

お願いいたします。

似顔絵をはじめたきっかけからプロになるまで

 似顔絵に出逢ったのは、16歳の時に初めて行ったフロリダのディズニーランドのホテルでした。ちょうど時間があって描いてもらったのが最初の似顔絵でした。30分足らずでさささーっと目の前で仕上がる絵と仕上がりにびっくり!当時はこんな世界もあるんだなぁ、と驚きました。

 第二の出会いは、2年後でした。学生の時に青森県のアート事業の選考に受かり、新たなアート仲間ができたときでした。その仲間の一人が、アート制作の傍ら、アルバイトとして町の人に似顔絵を描いていたのです。幸せそうなお客さん、描かれる人も、描いてる方もとっても楽しそうでした。へぇ、似顔絵ってこんなに人を笑顔にするだぁっと、改めて感動しました。

 その後、美術の世界にいるか、一般の社会人として生きるか迷って、当時芸術学科があった青山女子短期大学に進学しました。そこでやっと似顔絵を描く機会がやってきました!似顔絵にはとっても良い印象があって、いつかは機会があったらと思っていたので、文化祭での「初心者可のバイト代がもらえる似顔絵師」を募集していたのを見て、やってみよう!と扉をたたきました。(バイト代にも惹かれたのは言うまでもありません・笑)すぐに練習を始め、なんとかハガキ1枚を10分で仕上げるところまで腕を磨きました。当日は、びっくりするほどの長蛇の列!2日間どちらも!自分の絵をこんなに喜んでくれる人がいるんだ!!と感動しました。しかもバイト代ももらえる!こんな幸せな仕事があるんだ!最高だなぁ!と新たな衝撃を受けました。

 卒業後は、プロの人形劇をしたり、地域おこしの仕事、インテリアコーディネーターとして働く中でも、副業として似顔絵をちょこちょこと描いていました。プロを考える転機は、実父がガンになり、体が左半分動かなくなり家族総出で介護をすることになったことでした。当時は自宅の近くの雑貨屋でアルバイトをしながら介護していたのですが、父は昼間は寝ているのに、夜になるとよく動くので、寝る暇が無くなかなかきついものがありました。そのころから、自宅で仕事ができたり、子どもができても働けて、自由に自分でスケジュールが決められる仕事につきたいと考えるようになりました。

 今自分ができることのなかで、できそうなことで言うと、「似顔絵」が頭に浮かびました。そうだ勉強しよう!と思って調べると、父の通う介護施設のすぐ近くで「カルチャーセンターの似顔絵教室」を開催したのを発見しました!しかも、その講師は似顔絵界のスーパースターの小河原智子さんなのでした。ご縁を感じて、おじいちゃん、おばあちゃんに混ざって半年ほど通いました。

 勉強中に似顔絵検定なるものを発見して、1級にいきなり受けてみたところ一発合格し、そこから公認似顔絵師に推薦をいただき、色々なご縁でお仕事をいただくようになり、自然とスタートできるようになりました。でも、そこで初めて出会った既にプロとして活躍する似顔絵師のみなさんの仕事ぶりをみて愕然。これまで下手ではないと思っていたので、これはヤバイ!とプロとして認めてもらえるよう、色々研究したり、似顔絵師が集まる勉強会に何度も参加したり、似顔絵大会に参加して、技術を磨き、同時に「自分の絵」と沢山向きあってきました。もちろん今でも研究中です。

 似顔絵を仕事にしてから出産、長野への移住もあって、大変だったけれど、やっとマイホームができ、アトリエもできました。少しずつではありますが、記念写真を撮りに行くように、似顔絵をかいてもらいに木田さんのとこへいこう!となっていただけるように頑張りたいと思っています。

経歴

1984年東京都品川うまれ 1児の母。

2016年より長野県飯田市へ移住。

プロの人形劇、インテリアコーディネーターの仕事を経て2010年より似顔絵をはじめる。

 

職業名について。2010年〜2018年春まで

似顔絵アーティストとしていましたが、

今後は似顔絵作家として活動いたします。

よろしくお願いいたします。

 


・日本似顔絵検定協会 公認似顔絵師
・2013年度 光文社VERYCEO 選出

 

2001年朋優学院デザイン学科卒業

   (卒業制作展・佳作受賞)

 

2002年青森県主催文化発信創造事業に選出

   (1か月鶴田町に滞在して作品制作) 

 

2003年学校の文化祭で似顔絵をはじめる

 

2007年町田ひろ子インテリアアカデミー終了

   (卒業時・インテリアコーディネーター賞受賞)  

 

2008年結婚 

 

2010年プロとして活動開始


2011年内閣府公認似顔絵検定協会 

   似顔絵検定1級 取得


2012年同協会 公認似顔絵師 認定

 
2013年長男出産

    NHK朝ドラ「あまちゃん」

    まだまだあまちゃんですコーナー出演


2013年光文社 雑誌VERY ミセスCEO選出


2014年人形劇人の似顔絵展初開催 


2015年自由が丘スイーツフォレストで

   似顔絵ショップオープン(不定期)


2015年オリジナル版画フレーム似顔絵開始


2016年ステッドラー日本株式会社初の

  万年筆の似顔絵デモンストレーション


2016年3月下旬より長野県飯田市へ移住
   信濃毎日新聞掲載
   リクルート社雑誌「ゼクシイ」掲載

   長野のラジオ出演


2017年信濃毎日新聞掲載
              南信州新聞掲載
   名古屋似顔絵大会竜王賞出場

   飯田市移住推進冊子に掲載
   飯田市南信州移住事業の参加開始

   飯田市企業支援事業I-PORTスタッフ

   飯田市未来デザイン2028 委員

   南信州フリー雑誌 OASISU掲載 

 

2018年飯田市企業支援事業

   I-PORT内イラスト・文字制作
   同メディア 人形劇コラム開始

   南信州新聞発行【南信州観光ガイド春夏号掲載】

   南信州新聞掲載(被災地へ贈る人形づくり企画の記事)

   飯田市企業支援事業I-PORTスタッフ 

   飯田市未来デザイン2028 委員

   9月・アトリエオープン

   職業名を似顔絵作家に変更

 

2019年アトリエでの似顔絵教室開催をはじめる

   飯田市企業支援事業I-PORTスタッフ

   飯田市未来デザイン2028 委員

   事業名【Namikoubou】

   商品名【HANDSOME PORTRAIT】を商標登録

Clients

※カッコ前は主催社、カッコ内は主催者イベントの会場です。

【法人】飯田市、南信州広域連合(東京・交通会館)、ステッドラー日本(日本橋三越)、イオンリテール株式会社(イオン飯田店・アップルロード飯田店)、リトルママフェスタ(玉川高島屋、サンシャイン池袋)ハウスクエア横浜、自由が丘スイーツフォレスト、帝国ホテル、三井生命(紀尾井町等)、明治安田生命(新宿等)、大和ハウス(熊谷近郊等)、一条工務店(埼玉)、ファイブイズホーム(埼玉各所)、オリックスホーム(神奈川沿線)、サントリーホール、三井アウトレット木更津、渋谷109、SUMSUN(ヤマダ電機、みなとみらいクイーンズクエア、ワーナーマイカルシネマズ等)、幕張ペット博、光文社VERY(明治記念館)、ホームセンターユニディなど

 

【団体】島根県八雲・公立劇場しいの実シアター森の演劇祭、長野県飯田市りんご並木イベント、栃木・くぐつあとりえ(基金事業として)、長野県佐久市橘蔵酒造蔵開放イベント、東京・自由が丘九品仏アートフェス、香川県丸亀町商店街、香川県引田ひなまつり、など